光 TOKIIRO Solo EXHIBITION / November 2019 at 組む東京

光 TOKIIRO / November 2019

2019.11.6 Wed. 〜11.10 Sun.

12:30-19:00 *8日Fri. 21:00までオープン

組む 東京

@kumutokyo http://www.kumu-tokyo.jp

101-0031 東京都千代田区東神田 1-13-16 tel/fax 03-5825-4233

 

 

 

光、影なくして知れず 愛、植物 (キミ)なくして知れず  TOKIIRO

「古文では、光の表現はなく、今言う”光”は”影”で表現されているんです」 と、近藤さんは言います。 光は影があることで際立つという陰影の美は、 私たちのDNAに刻み込まれた美意識と言えるのかもしれません。

「光に包まれていることを知るために、影を描き出したい」

TOKIIROがこれまで組むで、繰り返し表現し続けてきたテーマは、 光も愛も、世界を満たす生命の源であるということ。 世界を満たしていて、無くてはならないものだけど、形はない。 それを、植物を通して感じ取り、植物を通して伝える。

世界は目に見えないものに満ちている。 それは、万物の命を育む。

組む 小沼訓子

@norikokonuma

 

 

EVENTS

■ 11.8 Friトークセッション 19:00-20:00 近藤義展(TOKIIRO) × 小沼訓子(組む東京) 参加費1000円 ご予約詳細 coming soon

■ 11.8 Fri. 16:00-20:30 L.O. 「ナチュラルワイン × フレッシュベジタブル × 多肉植物」  予約不要 cash on

ナチュラルワインセレクト : 小澤 淳 from DecoBocco URAYASU フレッシュベジタブル : Kiredo

 

 

 

TOKIIROワークショップ feat. miyazono spoon at トキイロ浦安アトリエ

2019.6.28 (Fri)-30(Sun)

TOKIIRO浦安アトリエにてワークショップウィークエンドを開催させて頂きます。

  

6/28(金) 10:00-12:00 TOKIIRO ベーシック 定員8名:参加費5000円税込み

6/28(金) 14:00-16:00 TOKIIRO アドバンス(過去2年以内にベーシック受講済みの方対象)定員6名:参加費6000円税込み

6/29(土) 10:00-12:00 TOKIIRO ベーシック 定員8名:参加費5000円税込み

6/30(日) 10:00-13:00 miyazono spoon ワークショップ  定員10名:参加費: 税込 5,000円(スプーン、デザート付)

ゲストに大人気スプーン作家の宮園なつみさんをお迎えしてスプーン制作のワークショップをしていただきます。

miyazono spoon workshop
削って、やすって、塗装して、食べるところまで。
TOKIIROのアトリエにて、デザートスプーンのワークショップのご案内です。

日時: 6月30日(日) 10:00~13:00

場所:atelier TOKIIRO
(千葉県 浦安市東野2-5-29 TEL047-704-8483)

参加費: 税込 5,000円(スプーン、デザート付)

※作業中木屑が出るので、汚れてもよい服装かエプロンを持参してください。

※小刀を使用するため、中学生以下の方は保護者同伴となります。

《お申込》

すべてのワークショップのお申込みは下記申し込みフォームよりお進みください。

申込みフォームはこちら

キャンセルは2日前までにお願いいたします。それ以降のキャンセルに関してはキャンセル代(全額)を頂きます。

お申込み順にお席を確定させて頂きますが、定員間近での複数人数のお申込みなどの可能性もあり、お申し込みいただいた後、お席確定の方には確定メールを送らせて頂きます。

宮薗なつみ(みやぞの・なつみ)

茨城大学教育学部情報文化課程生活デザインコース卒業。一般企業に就職したものの、ものづくりへの想いがふくらみ、制作を再開。2011年「miyazono spoon」を立ち上げる。個展・グループ展で作品を発表するかたわら、スプーンづくりのワークショップなども各地で精力的に行っている。http://miyazonospoon.jp/

TOKIIRO ベーシックワークショップ  定員8名:参加費5000円税込み 6/28(金) 10:00-12:00 / 6/29(土) 10:00-12:00

お好みの多肉植物を選んで鉢に寄せ植えをしていきます。今回は作家さんに作陶していただいている鉢での寄せ植えです。
多肉植物を育てながらも、成長過程で生まれるストーリーを
楽しめるように寄せ植えを作るポイントや、植物の選び方・育て方をお伝えします。
*寄せ植えした多肉植物をお持ち帰りいただけます。
*どなたでも受講いただけます。今までに、TOKIIROのワークショップをご参加いただいたことがある方でも、再度ご参加いただけます。
TOKIIRO アドバンスワークショップ(過去2年以内にベーシック受講済みの方対象)定員6名:参加費6000円税込み 6/28(金) 14:00-16:00
TOKIIROのワークショップを受けて、多肉植物は育てているという方に。
次のステップは、「植える」から「デザインする」へ。
多肉植物の進化するコミュニティー制作。絵を描くように、多肉植物を器にデザインしていきます。一歩先をゆくデザインが学べる貴重な時間です。3年後に生きたデザインが完成していくように今を作ります。

 

Schedule of long holidays of TOKIIRO.

Schedule of long holidays of TOKIIRO.
~4/28 「ひかりかげゆらす」TOKIIRO feat.稲葉知子 @o.ka.me.inaba at さんのはち @3nno8

5/1 よみうりカルチャー恵比寿 定期ワークショップ 定期申し込みが必要です。

5/3 TOKIIRO出張販売 亜絲花 北杜市甲斐小泉駅すぐ。#平山郁夫シルクロード美術館 #あしはな #亜絲花 #甲斐小泉 #トルコ料理 #フレンチ

5/5 「多肉植物の寄せ植えWS」at ikanika @cafeikanika @hiraikazumi 満席のためただ今キャンセル待ち受付中。#イカニカ #平井かずみ #アトリエモルソー

5/6 「SHOZO COFFEE & TOKIIRO comes to JAMES & CO.」 那須のSHOZOさんと鎌倉由比ガ浜、JAMES & CO.さんに出張販売にうかがいます。@james_kamakura @shozo_information #shozocoffee #jamesandco

5/9-5/14 「銀座・暮らしの商店街」at 松屋銀座 @matsuyaginza 期間中毎日ワークショップ開催。

5/12-5/20 TOKIIRO EXHIBITION at yau.西麻布
@yau_tokyo  @yau_antique_brocante

5/19 天王洲ハーバーマーケット出店 @tennozharbormarket

5/26-5/27 東京蚤の市出店 @tokyonominoichi #東京蚤の市 #手紙舎 #手紙社

5/30-6/1 インテリアライフスタイル展出展 ビッグサイト

ててて見本市2018 出展 2/7・8・9 スパイラルホール 

ててて見本市2018に出展させて頂きます。
TOKIIROとして3回目となるててて見本市。
本展は、バイヤーやメディア関係者を対象とした商談会になります。
一般の方、および招待状をお持ちでない方の入場はできませんのでご了承ください。ご来場ご希望の方は下記てて見本市ページより招待状を受け取ることが出来ます。

http://tetete.jp/archives/p=144

出展者一覧
http://tetete.jp/archives/p=118

▷ 開催日時
2018年2月7(水)・8(木)・9(金) 11am〜7pm *最終日のみ6pmまで

▷ 会場
スパイラルホール
東京都港区南青山5-6-23 スパイラルビル3F
http://www.spiral.co.jp/

今年のTOKIIROは
2016年にspiralさんでのTOKIIRO EXHIBITION “INTO THE GREEN”で発表させて頂いたTOKIIRORIUM、光の多肉植物の森を約二年間にわたるランニングテストを経ていよいよスタートです。
いろいろな催事で見て頂く機会があったかと思うTOKIIRORIUM。
実際の自然と人間が作り出すテクノロジーの間に存在する「何か」を発見するための2年間であった気がいたします。
庁舎、会社のエントランス、施設や病院などのホールなどに、人の本質が癒しを求めて自然に帰るように、多肉植物の生命力あふれるすがたを通して日々に活力を生みだせたらと考えます。

 

【すべての生命活動の源、地球】
昨今のライフスタイルを考えるうえで切り離せないのが地球、自然、植物です。
現代のストレスフルな日常の中で植物の存在は重要であり自然を感じることのできるアイテムとして認識されています。
ですが実際には太陽がなく、自然の風が少ない屋内では癒してくれるはずの植物がどんどん元気がなくなっていく残念な結果をもつことになってしまいます。
屋内でも植物がいきいきと生育する環境を創作さえすれば・・・。
それがTOKIIRORIUMの動機でした。

多肉植物の個々の魅せる動きを一つの空間に創作し演出するTOKIIROのアレンジメントと植物を屋内で生育するための光の装置を融合しTOKIIRORIUMが誕生しました。

本来屋内では光量不足でほとんど育たない多肉植物を身近において楽しんでいただくために植物が光合成に必要な光の量PPFD(光合成光量子束密度)を考慮し100-400μ mol/㎡ /s 補*の光の森を制作しました。
オフィスやクリニックなどのエントランスホールで行きかう方々のオアシスでありたいと考えます。